新しい残業代請求の話

未払い残業代を払ってもらうには?

労働者が残業、つまり時間外労働をした場合には、会社はそれに対して正当な賃金を支払う必要があります。

労働基準法によって労働者の権利として定められているものですが、
会社の側が勝手な言い分によって残業代を支払わないケースが数多く存在しています。

しかし、正当な残業代を支払わないのは違法行為に該当するので、未払い残業代がある場合には請求することによって支払わせることができます。

未払い残業代を支払ってもらうためには、実際に働いた労働時間を立証する資料を準備しなければなりません。タイムカードや勤怠記録、日報などがあれば証拠となるものですが、これらは正確に運用されていないことも多いものです。

例えば、規則では残業をしてはいけないことになっているのでタイムカードは定時に押し、その後に残業をさせられていたといったケースもあります。

また、タイムカードや勤怠記録をつけていないといった職場もあります。それから、会社で使用しているメールの送受信記録は、未払い残業代を請求する際の証拠として有力なものです。

メールには送信日時が記録されているので、その時間に会社にいて働いていたことを立証することができます。私的なメールアカウントを使用して業務を行っていると、労働時間と認定されない場合が多いので注意が必要です。

その他にもタイムカードは押していなくても、オフィスが入っているビルに入退出していた記録が残っている場合もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です