新しい残業代請求の話

未払い残業代を請求するために必要なこと

近年、未払い残業代問題は増加傾向にあります。そこで未払い残業代を請求したいとお考えの方はまず証拠を集める必要があります。

まず、残業代の未払いを請求するために有効な証拠として雇用された時の書類があげられます。

雇用通知書や雇用契約書、労働契約書などがそうした書類となります。

次に、就業規則が書かれた書面をコピーしておくとよいでしょう。また、紙業や終業時刻を立証するための資料として、タイムカードや日報、退勤記録などの記録は労働時間を算定するための証拠として有力なものとなります。

業務用のメールアカウントの履歴記録や帰宅時のタクシーの使用歴、日記などに記載されたものも労働時間さんを算出するための有力な根拠となります。そして、未払い残業代を請求する上で、残業時間中の労働を立証するための資料が必要となります。

会社側に対して残業中に労働していたことを証明する必要があるためです。

そのための書類として、残業指示書や残業の指示を受けたメールやメモ書き、残業時間中にどういった業務をしたのかが分かる内容の資料を用意しましょう。

不正確なメモや詩的なメールアカウント記録などは未払い残業代請求の証拠になりにくいと言われていますので、証拠集めを慎重に行い、残業代をしっかりと認めてもらえるようにする必要があります。

法律の専門家である弁護士や社労士などに相談しながら未払い残業代請求のための証拠集めを行うのも有効的です。残業代の未払いは会社側の義務なのでもしそうした状況に陥った場合は直接会社に訴える前に用意周到に資料などで証拠を集めるようにしましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です