新しい残業代請求の話

未払い残業代を請求する

時間外の労働をしているにも関わらず、残業代が支給されないケースも多々あります。

残業代を支払うのは会社が従業員に対して負う賃金払いの義務であって、不当な理由を作り払わないのは違法です。

民事上の責任がありますが、悪質であれば刑事上の責任にもなり得る行為です。未払い残業代問題は、年々増え続け深刻な社会問題となりニュースでも度々取り上げられています。

未払い残業代請求を実際に検討している方は、証拠の収集を一番に考える必要があります。その際の注意事項としては、慎重に行う事です。少しでも疑われると証拠を隠される可能性があります。

手元には証拠となるコピーが必要です。タイムカードやメール履歴など時間外でも労働している証が最低条件です。証拠が無ければ勝ち目はなく、請求できない事もあるのでほんの少しの証拠でも頑張って集める事です。

事を荒立てない一番の方法は、話し合いによる解決です。会社側には法令厳守の意識があり、請求側にも譲歩が検討できれば何の問題もありません。しかし、交渉が決裂した場合には何らかの形で未払い残業代を請求する事になります。

労働トラブルでも重要な問題なので、労働基準監督署に証拠を提出すれば充分に対応してくれます。

費用も発生せず、正確な残業代も計算してくれます。ただし、会社にとっては大事であり今後も同じ会社に勤めるには立場が悪くなる事もあります。更に、他の従業員に対しての未払いも疑われ会社としても大変な目にあう事になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です