新しい残業代請求の話

未払い残業代を取り返すための方法

近年は成果主義が多くの業種で話題にされており、昔のように働いていた時間だけ残業代がもらえると言うものから、一定の成果を上げないと報酬がもらえないことが一般的になっています。

しかし、日本の労働基準法においては、原則として働いた時間に対してその報酬が支払われると言うことが基本になっており、
特に契約をしていない限りは残業を行った場合はその残業代を支払ってもらうことになっています。しかし、多くの企業で未払い残業代に関する問題が発生している現実があります。

その原因の多くは、企業側が勝手に成果主義を本人の給料に導入し、残業を認めないことにしているためですが、これについて本人に明確な通達をしていないことによります。

会社に勤めて労働をする場合には、基本的には労働契約に基づいて働き、これに対して対価が支払われることが原則になります。

そのため、残業をした場合には残業代を支払ってもらうことが契約上必要であり、これに違反した場合には契約違反となり場合によっては会社に対して未払い残業代を請求できることになります。

未払い残業代を請求する場合には、客観的に働いた時間に対して報酬が支払われていないこと、また働いた時間に対して賃金を支払うことが契約上義務付けられていることを示した上で、契約違反であることを立証することが必要になります。

しかしこれらの条件を明確にするためには法律的な知識が必要なため、法律の専門家に相談することが大切です。またこのような問題は裁判に至ることもあり、実際には裁判の席でも対応できる弁護士に依頼することがよく行われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です