新しい残業代請求の話

未払い残業代の請求を行うために必要なこと

俗にサービス残業という言葉がありますが、日本の企業はこのサービス残業に支えられてきたといっても過言ではありません。

しかしながら、そのことが、だんだんと当たり前になり、仕事が遅い者はサービス残業で仕上げるのが通例となってきました。一昔前であれば、会社に多くに人がいましたから、一人当たりの業務量はある程度セーブできていましたが、ここ数年は度重なるリストラや新規採用枠の縮小により、一人当たりにかかる業務量は以前とは比べものになりません。

こういった労働環境において、残業代の未払いは大きな問題です。社員は、自分の仕事を仕上げるために、上司には隠れて長時間労働を行い、上司はそのことを見て見ぬフリをしてきたツケが回ってきています。こういった状況は会社の風土として根強く残っているものですが、改善すべき課題です。未払い残業代については、その日から、2年の間であるなら遡って請求することができますので、会社に申し出て清算することが、会社の労働環境を改善するためにも必要なことです。

もちろん、個人でもし出ることに不安を感じる人も少なくありません。こういった場合には未払い残業代の請求に慣れている弁護士に相談すべきです。様々な事例から未払い残業代の請求が可能であるか検討してくれますし、場合によっては、直接会社側と交渉することもあります。未払い残業代の請求に強い弁護士事務所では、無料相談も実施していますので、こういったものを利用すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です