新しい残業代請求の話

未払い残業代請求は早めに弁護士に相談をしよう

未払い残業代を請求したい場合には、早めに弁護士に相談をして、証拠を集める必要があります。

残業代の請求をしたいと考えるタイミングは、誰もが退職を考えた時になります。辞めた後は当然ですが会社に出入りする事は出来ませんので、退職前に証拠を揃えておかなくてはいけません。未払い残業代の証拠は、就業規則やタイムカードがまず有力です。

近年、電子カードを使って勤怠の管理をしている会社も多いので、勤怠管理にログインをして、必要な箇所を印刷しておきましょう。もちろん、紙で残すのが難しい場合には、携帯電話を使って写真を撮っておいても問題はありません。また、就業規則が書かれている労働・雇用契約書は、一般的には同じものを2部作成されて、1部は手渡されます。

ですが、一切もらっていないということであれば、写しをもらっておくか、写真・コピーをしておくようにしましょう。そして、意外と有力な証拠になるのが、パソコンの起動時間のログです。比較的簡単に取り出すことが出来ますが、一定時間が経過すると自動的に消去されたり、会社によっては定期的に消去しているところもありますので、早急に準備をしましょう。

もしも就業中に準備をする事が出来なくて、そのまま退職をしてしまった場合、弁護士にお願いをすれば、会社に対して、必要証拠の開示を求めてくれますので、安心をして下さい。未払い残業代は、早急に手を打たなくてはいけませんので、請求をしようと思ったら、直ぐに弁護士に相談をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です