新しい残業代請求の話

未払い残業代を請求する際のポイント

未払い残業代を請求する際には、単純に残業時間を積算してその分の賃金を請求すれば良いと言うものではありません。この場合には会社どの雇用形態によりその金額が請求できる範疇が大きく異なるため、第一にこの契約がどのような形になっているのかを精査することが重要です。

通常会社に勤務している場合には残業代については一定の期間に対する割増を付加した上で支給されることが一般的です。しかしこの金額が必ずしも会社とかはされている雇用契約の上で規定されている金額ではないこともあるため、実際に未払い残業代を請求した場合に、これまでの残業代とは異なる金額で計算しなければならないことも多いのです。

例えば歩合給の場合には仕事の成果に対する土台の中に法律上で規定される最低賃金を基準とした残業代が含まれていることが義務付けられていますが、この最低賃金は企業が規定する賃金とは異なる場合が多いため、実際に未払い残業代を請求した場合に支払われる残業代は最低賃金で計算されることとなり、通常の金額とは大きく変わることになるのです。

その他、雇用契約において定められる賃金体系によって、請求できる残業代の金額は大きく変わるため事前に充分に雇用契約を見直し、法律の専門家ともよく相談した上で金額を積算して請求することが大切です。また残業を行った証拠として客観的な勤務実績を記録し提出する必要がある場合もあるので、この点も専門家とよく相談し、しっかりと根拠を持った上で請求することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です