新しい残業代請求の話

残業代が未払いのままでいいのか?

上司にいくら言っても聞いてもらえないため、未払いの残業代を諦めているという方も多くいるかもしれません。

ですが支払ってもらえないお金というのは、本当に諦めていいものですか?働いた分の給料を支払ってもらうというのは、労働者として当然の権利です。
そのため諦めるのではなく、どうしたら支払ってもらえるのか考えていくことも大切です。未払いの残業代について考えるとき、支払いには2年という時効があることを把握しておきましょう。
2年という時効を過ぎると、支払ってもらえない給料があるとしても、さかのぼって請求はできなくなってしまいます。このような時効があるからこそ、支払ってもらっていないお金があるのならば、早めに行動することが大切です。
実際に未払いの残業代請求を行うのであれば、1人でなんとかしようと思うのではなく専門家の力を借りることも大切です。具体的には給料のトラブル問題に詳しい弁護士に相談します。専門家に相談することによって、法律的な立場から、残業代の未払い問題を解決することにつながります。また無事に支払ってもらえなかった給料が払ってもらえた場合、その会社で働きにくくなることを心配する方もいるでしょう。
そのような場合には、トラブル解決前後で転職するのも1つの手です。残業代未払いの問題は請求した後も、再発するかもしれません。トラブルがあった会社以外でも働けるのですから、1つの会社に縛られず広い視野を持つようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です