新しい残業代請求の話

在職中に残業代請求をする

残業代請求の条件はまずタイムカードといった労働時間がわかる証拠があることが挙げられます。

まず残業の箇所が労働基準法からしても明らかであることが重要だからです。また基本的に請求できるのは例外もありますが二年です。「在職中は、関係が悪化するからやりたくない。」と放置して期限を過ぎたら請求自体ができなくなります。よって「退職したら残業代を請求しよう。」ではもはや手遅れと言われます。

ただし在職中に残業代請求をしたことによってパワハラや職場いじめの標的にされてしまうといったケースも可能性はあります。しかしこの場合は在職中の残業代請求によってもたらされる不利益はいずれも労働法の法律や裁判例によって、明確に禁止されています。

在職中の残業代を請求をしたことを会社が理由に降格や減給や解雇などの不利益な取り扱いを行なった場合それ自体が責任として会社にのしかかることになります。ただし社会問題化している「ブラック企業」の中ではあえて行うケースが高いので対策をする必要があります。この場合個人レベルで行える問題ではない点がまず挙げられます。

よってブラック企業に限らず在職中の残業代請求の場合には、弁護士名義で残業代を請求をすることをオススメです。弁護士は法律の専門家なので会社側が認識していない労働者に対する不当な行為などの違反行為も明確化できます。

不当な行為を行なった場合は法的に責任追及をするプレッシャーを与えるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です