新しい残業代請求の話

残業代請求は弁護士に相談することをおすすめします

職場で起きる大きな問題として「サービス残業問題」と「未払い残業」があります。

会社で仕事をして貢献した時間を報酬として要求するかしないかの差があり、タイムレコーダーが普及した現在、未払い残業代は表向きあまり発生しないと考えられていますが、それでもあらゆることを行使してサービス残業を強要したり、残業代を支払わないで済むように講ずる悪徳な会社は、残念ながら少なからずあります。

このようなトラブルや法律問題に対処するには、労働者側もある程度の労働基準法・労働契約法などの知識は必要ではないかと考えます。特に労働基準法は労働条件に関する最低基準を定めた最も基本的な法律ですから、働く人すなわち全国民は熟知していてもいい法律です。

会社側が労働に関する法律について明るいかというとそうでないことも多く、大企業はそんなことはないと思いますが、中小企業については労働者と交わさないといけない労働契約書についても交わさないで労働させているケースがあります。

労働契約書の内容に元づいて給与を支給しないといけないわけですが、それすら知らないことが未払い残業代が発生して、残業代請求の事案が増えている原因の1つなのかも知れません。このように労働関係の法律については使用者も労働者側も知らないことが多いですから、労働者が未払い残業代があると思って残業代請求をいきなり会社に行っても、会社側は何のこと?と全く悪意なく返答するかもしれません。

逆に知らないふりをして、それを悪用する会社もあるかもしれません。そんなことを考えると、残業代請求などの労働問題は、まず弁護士に相談することが話をスムーズに進めるのにいいと考えます。また弁護士を通し、労働監督所や裁判所が知り・動き、労働問題の多さや大きさに社会全体がようやく気付き、より良い社会になっていくとも考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です