新しい残業代請求の話

残業代請求ができるか

残業代請求ができるかと思っていても、実はできないというケースもあります。

自分の勝手な思い込みで余計なトラブルを起こすことのないように注意しておきましょう。残業しているように見えても、それはそのように見えるというだけで残業代請求ができないケースとは例えば次のようなものがあります。

営業担当者などによく見られることですが、みなし労働時間制が採用されている場合は残業代請求はできません。営業担当者などのようにオフィスの外で働くことが普通で、上司である管理職が時間管理できない場合、みなし労働時間として実際に働いた時間にかかわらず一律の時間だけ働いたものとみなす制度が採用されていることがあります。

この制度は法律で決められたものであり、別にブラックでも何でもありませんから注意しましょう。みなし労働時間が1日8時間とされているのであれば、実際には仕事が長引いて10時間働いたとしても2時間分の残業代は発生しません。そもそも発生しないのですから未払いでも何でもなく、請求することはできないのです。

あるいは、固定残業代制を採用している場合も、予め定められた時間分の残業代は既に給料の中に含まれていることになりますので追加で請求するようなことはできません。これも認められている制度ですので、特に違法でも何でもないわけです。

ただしこの場合、予め定められている部分を超えて働いた時間については残業代を請求できることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です