新しい残業代請求の話

歩合給制でも残業代は支払われる

歩合給制とは労働者の成績や全体の成績によって給与が変動する給与形態です。

固定の基本給と歩合を足した給与形態であることも多いです。給与形態が月給とは違っても法的には法定労働時間を超える労働があった場合は残業代が発生しますし、休日出勤や深夜帯の割増賃金についても支払われます。そのため歩合給であることを理由に時間外手当を支給しないのは違法な行為です。

歩合給制でも法定労働時間を超える労働があった事を証明できれば請求する事ができるので、第三者からでも認められる証拠を残しておくべきです。具体的な例としてはタイムカードの記録や社内メールやオフィスの入室記録です。これ以外でも時間外で労働をしていた事を証明できる物なら全て証拠能力を持ちます。

給与形態が歩合給制であっても未払いの残業代は2年までしか遡って請求できません。そのため自分で請求できる場合は無理に弁護士や司法書士に頼る必要はありませんが、素早く請求を行わないとその分だけ請求できる金額が減ってしまいます。提出する証拠を整理するだけでも素人が行うと時間がかかりますし、その後労働審判などになった場合は法律の専門家がいないと素人には非常に難しいです。

請求を円滑に行う為にも無理に一人で行わずに専門家に相談した方がいいです。残業代請求をする時は140万円以上の請求は司法書士では扱えませんし、簡易裁判所での代理権しか与えられていないので高額な請求になる事がわかっている場合は弁護士に相談するべきです。

歩合給制の残業代請求についてはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です