新しい残業代請求の話

歩合給制の残業代の出し方とは

基本給の他に売上の上下によって給料が決まる歩合給制の仕事をしていると、うまくアポイントを取れないこともあるので、長く働かなければいけないこともありますが、その分の残業代は請求できることがあります。

歩合給制と言っても労働していることにはかわりは無いので、仕事を取るのに必要な労働時間がもし法定労働時間よりも伸びてしまったら、企業はその延長分に対して残業代を支払う義務があるのです。雇用契約書や雇用形態を確認することも大事ですが、オフィスで働く歩合給制の仕事をしている場合には、残業代の請求をする権利が残されていることを把握しておきましょう。

現在ではどの企業も残業に対して厳しく取り組んでいるので、給与計算を厳密に行い、歩合給制であろうとも残業代をきっちりと出していることがあります。しかしながら歩合だからといって残業をしても給料を支払わない企業があるのも事実ですから、そうした企業で働いている方は、まず自分が残業をした証拠を会社側に提出してなるべく早い段階での請求をするようにしましょう。

タイムカードや定期券なども重要な証拠になるので、それを使うことで正確な賃金を計算して払ってもらうことが出来ます。会社によっては支払わなくても良いケースが存在しますが、詳しいことがわからない場合には、弁護士に相談してどう解決するかをアドバイスを求めるのも良いでしょう。労働問題は法的手段で解決していく方法もあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です