新しい残業代請求の話

残業代は歩合給制でも発生する

出来高払いであり、残業時間が影響しないと思われることもある歩合給制であっても法定労働時間を超えた作業に対して残業代を支給する必要があります。

制度を誤解していると本来貰える手当が未払いになってしまうので注意しましょう。未払いを請求するときは残業時間を明確にしなければならないので、会社がタイムカードなどで記録していない場合は会社のメールの送信時刻を使ったり、日報に時間を記録するようにします。

また、残業代の支給が必要な歩合給制で会社が勤務時間の記録を付けていないのは給与の支給が適切ではない、いわゆるブラック企業であると考えられるため、どうしてもその会社に留まらなければならない理由がないのであれば、今後のことも考えて転職も視野に入れた方が良いでしょう。歩合給制でも他の制度も適用されていると残業代が少なくなることがあります。

あらかじめ支給額に残業を組みんでおくことは法的に問題ないため、この場合は少なくなります。ただし、これも制度が正しく扱われている必要があります。歩合給制で未払いの残業代を請求された際に会社が元々残業を組み込んでいると主張しても、給料の内訳で基本給と手当てを分離していなかったり、時間を決めずに残業を含むとしているのであればこの主張は認められません。

また、就業規則への記載は適切であっても残業時間が多過ぎると基本給が最低賃金を割り込んで別の未払いが発生するので、これに対して支払いの請求を行えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です